Blog

たんぱく質の役割と働き

ダイエットやトレーニングの効果を高めるために、たんぱく質の摂取は大切です。日常の食生活の中でもたんぱく質不足と指摘をされていますが、なぜたんぱく質が必要なのでしょうか?
なぜたんぱく質が大事なのかを理解しておくと、食事への意識もしやすくなるはずです。

たんぱく質の役割

たんぱく質は、脂質や炭水化物と並ぶ体に必要な3大栄養素のうちの一つです。
(ビタミン、ミネラルを加えて5大栄養素と言います。)

体の中の細胞の構成として半分以上は水ですが、その次に割合として多いのがたんぱく質です。たんぱく質は、細胞自身を増殖する働き、栄養分を取り込んで新陳代謝を高める働き、そして外界の変化に合わせて体内の環境を整える働きがあるとされています。

そのたんぱく質の働きによって構成されるものとしては、内臓、血液、筋肉、骨、皮膚、腱や髄などの臓器のほか、髪の毛、爪、歯、骨、腱や髄など体のほとんどにたんぱく質が必要となります。ホルモンや酵素、消化活動などにもたんぱく質が関わってきます。

たんぱく質の働き

たんぱく質は20種類のアミノ酸でできた化合物のことをいいます。そのうち11種類は体内で合成されますが、残り9種類(必須アミノ酸)は食事から摂らないといけません。
これらのたんぱく質には、栄養を血液に運ぶたんぱく質、免疫機能を高めるたんぱく質、体を動かすの働きをするたんぱく質など様々な働きがあります。
光を感じたり、匂いや味を感じたりする機能にも働きます。

このようにたんぱく質は体のほとんどの機能に必要なため、食事からもたんぱく質を摂取するように意識することが大切です。

高タンパク低カロリーな食事をチェック!

モアザンデリ オンラインショップ

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

月を選択