Blog

食べ過ぎた後の食事管理

食事管理をしていても、飲み会が続いたり年末年始など忘年会、新年会や帰省中に食べすぎることもあるでしょう。食べるものをチョイスしたりお酒は控えめにするなど意識したいですが、食べ過ぎてしまった場合はその後の食事管理が大切です。
楽しむ時はしっかり楽しんで、メリハリをつけて気をつければ大丈夫です!

食事は抜かない

食べ過ぎ多分を無かったことにするために食事を抜くのはNGです。代謝は食べることで上がります。食べないと代謝は下がるので食事を抜くというのは避けましょう。
食事はカロリーを控えめに、脂質も低いものをチョイスします。和食はタンパク質豊富で脂質も低いので特におすすめです。

ビタミン、ミネラルを摂る

お酒を飲みすぎるとアルコール分解中にビタミン、ミネラルを大量に消費します。中でもビタミンB1とカリウムの低下が顕著に現れます。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きをするので、低下することで疲れやすくなります。カリウムは神経伝達や細胞機能の維持や筋肉の収縮に関与するので、これらの働きが悪くなります。
飲酒後にビタミン、ミネラルを補給するのも必要ですが、飲酒中に食事からも摂取するようにしましょう。

食事は就寝3時間前までに

普段の食事管理でもそうですが、就寝直前の飲食は脂肪になりやすいため、なるべく就寝3時間前までに夕食は済ませるようにしましょう。
睡眠中もカロリーを消費しますが、消化し切れていない状態だと寝ている間も消化にエネルギーを使うためしっかりと疲労回復もできなくなります。就寝時間は1日の中での断食の時間になるので、就寝直前の飲食は控えましょう。

高タンパク低カロリーな食事をチェック!

モアザンデリ オンラインショップ

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

月を選択